生徒にあった家庭教師を選ぶこと

生徒にあった家庭教師を選ぶこと

私は学生時代から社会人になっても、長年家庭教師をしていました。どうしても気になる家庭教師←こちらへ。

 

特に、学生時代は何人かの生徒さんを掛け持ちしていたのですが、すべての生徒が勉強が苦手な子でした。信頼できるプロ家庭教師業者へ。

 

私は家庭教師派遣センターからの派遣でアルバイトとして家庭教師をしていました。
これはその時の経験談です。詳しく知りたい方は家庭教師 大阪をご覧ください。

 

ある日、センターから電話がかかってきて、私の友人の受け持ちの生徒さんを私に変わって欲しいとの事でした。
その生徒さんのご家庭からの苦情で、”今の先生(私の友人)は一生懸命教えてくれるけれども、性格が強くて、子供が萎縮してしまって、聞きたい事も聞けないどころか、きつく言われた時は考える事もできなくなる事がある。”との事でした。
確かに私の友人は、私から見てもきつい性格で、どうせいうならもう少しソフトに言えないのかな?と思う事が多い様な感じでした。
私はすぐに了承し、ご家庭に向かいました。
生徒さんは女の子で、とても静かな子で、真面目な感じでした。お気軽にご相談ください家庭教師 東京←ここから確認

 

私は日頃から怒る事はほとんどなく、常に安定した正確なので、その生徒さんによくあった様で、少しずつ学力も伸びていき、最終的には志望する学校に入学する事ができました。
家庭教師はただ勉強を教えるのが上手ければ言い訳ではないと思います。詳しくは家庭教師 名古屋←こちらをご覧ください

 

もちろん、上手に教えるのは当たり前の事で、それ以上に、生徒にあった指導方法を考えなければいけないのではないかと思います。